狂犬病の予防接種の時期と費用、時期を逃してしまった場合の対応

狂犬病の予防接種の期間は基本的に毎年4〜6月。

この期間は厚生労働省が「狂犬病予防月間」としてキャンペーンを行っていて、お住まいの地域自治体から集団接種の案内や、かかりつけの動物病院から健康診断のお知らせが届きます。

集団接種、かかりつけの動物病院で予防接種を受ける場合と、時期を逃してしまった時の対応法をご案内します。

 

Sponsored Link

集団接種を利用する場合

自治体から送られてくる案内に集団接種の会場と日時が書いてありるので行きやすいところを選びます。

集団接種のメリット

公園が会場になっている場合が多く、お散歩の途中にサッと受けられます。

いつも会うお友達と一緒に受けることもできるのでオーナーもワンコもなんとなく日常の一部として受けられる。

その日に狂犬病ワクチンの注射済票がもらえ手続きも楽。

 

集団接種のデメリット

あなたの愛犬が注射が苦手な場合、匂いや雰囲気、他のワンちゃんの鳴き声に反応して足がすくんでしまうなど、大好きな公園が辛い場所となってしまう可能性が…

狂犬病ワクチンのみの集団接種なので、健康診断やフェラリアの検査、ノミ・ダニなどのお薬はいただけません。

開催日が平日のみ。

 

金額

  • 狂犬病の予防接種 3000円前後(自治体によってことなります。)
  • 注射済票の発行料 550円

 

動物病院で受ける場合

自治体から注射済票を預かっているケースも多く集団接種と同様に即日注射済票をいただけます。

病院での注射済票の発行手続きの代行は地域によっては4月中のみの場合もあります。かかりつけの病院へ確認して下さい。

 

動物病院のメリット

病院の診察日に受けれるので、土曜・日曜でもOK

狂犬病の予防接種だけでなく、健康診断やフェラリアなどの感染症のチェック、ノミ・ダニのお薬を処方してもらえます。

日頃から通っているので、狂犬病ワクチンの副作用のことや確認しておきたいことなど愛犬について気になることを相談しやすいです。

混合ワクチンを受けるタイミングも確認でき、予約を取って帰れます。

 

動物病院のデメリット

4月は猛烈に混雑します。病院によっては2〜3時間待ちなんて場合も…

 

金額

  • 狂犬病の予防接種 3000円〜(地域・病院によって異なる)
  • 注射済票の発行料 550円

 

集団接種より少し高くなりますが狂犬病予防接種だけで4000円以上にはならないです。

一緒に健康診断を行ったりフェラリアの検査やお薬をもらうと、その費用がかかります。

 

4〜6月に接種できず時期を逃してしまった場合の対応

いろいろな事情により4〜6月を逃してしまうこともありますよね。

狂犬病ワクチンを愛犬接種するのが飼い主の義務なので罰則を受けてしまうのでは?と心配になるかと思います。

 

例えば、平成29年度の狂犬病ワクチンの予防接種の証明期間は平成29年4月1日〜平成30年3月31日。翌年の接種の時期と近くなりすぎないように、気がついたらすぐに接種を行います。

 

動物病院には常に狂犬病の予防ワクチンが用意してありますので、早めに病院へ行き「狂犬病の注射お願いします」といえば大丈夫。

多頭飼いでワクチンの在庫が気になる場合は、電話で確認しておけば安心ですね。

 

金額:期間中と同じ

  • 狂犬病の予防接種 3000円〜(地域・病院によって異なる)
  • 注射済票の発行料は550円

集団接種より少し高くなりますが狂犬病予防接種だけで4000円以上にはならないです。

一緒に健康診断を行ったりフェラリアの検査やお薬をもらうと、その費用がかかります。

 

注射済票は自分でお役所に取りに行く

狂犬病ワクチンは病院にいつでもありますが、6月をすぎると注射済票は病院にはありません。

注射証明書を発行してもらえるので、自分でお役所へ取りに行きます。

 

 

Sponsored Link

おわりに

狂犬病ワクチンの接種は4〜6月の間に受けておけば手続きなどもスムーズです。ワクチンの金額はあまり変わらないので愛犬がストレスがかからない場所で接種するのがおすすめです。

万が一期間を逃してしまっても病院で接種を受けられるので慌てずに…

狂犬病のワクチンの接種が終わったら、行きつけのドッグランの利用更新などをして愛犬と楽しく過ごしましょう!

Sponsored Link